オプショントレードとの出会い|りゅう先生講義録1

私は銘柄固定のうねり取りを基本として日々トレードを行っていますが、この先長く相場で生き残るためにはオプションもいつかトレードできるようになりたいと思っていました。

そのような折、今私がオプショントレードの師と仰ぐ、プロのオプションディーラーである、りゅう(@ronjin)先生とるる(@nyaon22207285)姉さん、いや、るる先輩との間で交わされるオプション談義を偶然見つけ、日々密かにその技を盗もうと聞き耳を澄ましていました。しかし、その談義を聞けば聞くほど、オプショントレードの魅力に魅せられてしまい、私もぜひ教えを請いたいとりゅう先生の門を叩いたのでした。

りゅう先生に出会うまでは、オプションは現物や先物のヘッジとして使ったり、短期的に上がりそう、あるいは、下がりそうなとき、宝くじ感覚でオプションを買うぐらいの使い方しか知りませんでした。1円で買ったオプションが、わずか1日で40倍になったとか、10円のオプションが数日で数倍になったという話をTL上で見かけると、オプションって、すごいんだな。1円だったら、宝くじ感覚で買っておけば、損失限定だし、当たればラッキーみたい感じでトレードできそうだと思っていました。

さらには、オプショントレードについて自分であれこれ調べる中で、オプションは売りの方が有利だということに気づきましたが、売りはとても危険だと聞いていたので、オプションをトレードするなら、買いのみでやろうと思っていました。実際、オプションの売りを行うことに関しては、各証券会社においても買いとは違った先物口座開設の審査をするところもあるようで、証券会社としてもオプションの売りに関しては慎重のようです。

そんなこんなで、りゅう先生と出会うまでは、オプショントレードに関してはこの程度の考えしかありませんでしたが、りゅう先生との出会いがそのようなオプショントレードの考え方を劇的に変えることになりました。

りゅう先生はプロのディーラーであるにも関わらず、オプションに関してド素人の私を相手にしても、実に真摯にオプショントレードの何たるかを時に厳しく、時に優しく、そして、とても熱く、燃えるように語ってくれます。そのようなりゅう先生の人柄もあって、先生の周りにはりゅう式オプショントレードを学ぶ方々が多く集まっています。彼らの合言葉は、りゅう先生も大好きな、いつものあれです。まあ、合言葉は分かる人には分かります。(笑)

りゅう先生はプロとしての業務をこなしながら、私のような多くの個人の方々にも真摯に対応されているのですが、時には同じような質問をされることもあろうかと思います。すでにその質問に対しての答えをしている場合、もう一度同じことを答えるのは時間の無駄でもあり、すでにその答えは公になっているので、それについてはその公にしたものをみてから質問しておいでと思っているかもしれません。もちろん、実際はそんなことは思っていないかもしれませんが、先日は私が質問したことに関して、過去のツイート記録からそれに関するツイートを探し出して頂いたこともあり、余計なお手数をおかけしてしまいました。そういうこともあったので、実際にるる先輩がりゅう先生から学んだことをNoteにまとめて公開してくれているのは、とても重宝しています。このNoteに自分が質問したいことの答えがなければ、先生に尋ねてもいいかなと思えますので。なので、私もいろいろと先生から多くのことを学ばせて頂いているので、それを私なりにまとめなおしてここにりゅう先生講義録として書き綴っていこうと思います。

ただ、あくまでもこの講義録は、私がりゅう先生とのやり取りを通して私が自分なりに理解したことをまとめているだけですので、私の理解が足りず、その内容には間違いなどがあるかもしれません。もし、そのような間違いなどがあれば、遠慮なく、ご指摘頂ければと思います。きっとりゅう先生も間違いを鋭く指摘してくるんじゃないかと密かに思ってたりします。(笑)

最初、りゅう先生がオプショントレードに関して体系的にまとめた著書を世に出してくれることを期待したのですが、それは相場を引退した後とのことで、それって、何十年も先の話かもしれず、ならば、私がりゅう先生から学んだことを体系的にまとめなおそうかと思ったのですが、それまたいつになるか分かりそうにもなく、なぜなら、体系的にまとめるには、オプションに関して深い理解と長きにわたる経験がないと、そもそもできないので、この講義録では体系的にまとめるというよりは、私が日々りゅう先生から学んだことを自分なりにまとめなおして、思いつくままに講義録として綴っていくことにしました。どんな講義録になるかは私自身も分かりませんが、どうかよろしくお願い致します。